Man Laptop Coffee Work Cafe Concept

批判なんて気にしない

a man with notebook

SNSが普及したことで、世の中が窮屈になったと感じている方も多くいるはずです。これまで大きな問題とならなかったようなことまでもがSNSで拡散されてしまい、大きな問題となってしまうというケースが多く起こっているんです。
特にテレビ番組や雑誌などのメディアに関することは問題と取り上げられることが多くあります。テレビ番組の企画、番組内での発言、そして雑誌の取材の仕方や記事などがSNSで拡散され、バッシングの対象になることもあるんです。
実際にあまりに多くのバッシングを受けたことで、テレビ番組が打ち切りになったり、出版社が謝罪をしたりなんて自体も起こっているんです。
こういったことが頻発するようになったことで、テレビ局や出版社が弱腰になっていることは明らかです。今はテレビを見ていても、雑誌を読んでいても、当たり障りのない、面白くない内容ばかりになっているんです。テレビの視聴率が落ちたり、雑誌が売れなくなったりするのも当然のことでしょう。
ですが、裏モノJAPANだけは違います。裏モノJAPANは世の中のバッシングなどを気にすることはありません。裏モノJAPANは自分たちの正義を貫いて雑誌を作り続けているんです。ですから、裏モノJAPANは世の中がどれだけ批判をしても、読者を楽しませることを一番に考えているんです。
テレビや雑誌から人が離れ続けています。それを止めるには、裏モノJAPANのように批判を恐れることなく制作をしていくしかないでしょう。